レモンとメジャー

備蓄エネルギーは生命活動に役立つ|長寿に不可欠な中性脂肪とは

コレステロールとの関係は

女の人

脂肪には種類があります

中性脂肪とは脂肪の一種で、トリグリセライドとも呼ばれています。脂肪にはほかにも脂肪酸やリン脂質・コレステロールなどの種類があるので、脂肪酸などと区別するために中性脂肪と称されています。脂肪酸とは、直接エネルギー源として利用される脂肪です。油脂を含む食品を食べると、エネルギーとして使われなかった脂肪はいざというときのエネルギー源として体内にたくわえられます。これが中性脂肪で、いざエネルギーが必要だというときがくれば、脂肪酸に分解されてエネルギー源として燃焼可能な状態となります。しかし体の中にこの中性脂肪がため込まれすぎると、血液の中にある善玉コレステロールが減少してしまいます。すると悪玉コレステロールが増えるため、中性脂肪の値が多すぎるとよくないのです。

DHAやEPAがおすすめ

体内の中性脂肪が多すぎると善玉コレステロールが少なくなり、動脈硬化の原因となります。悪玉コレステロールとは元来細胞膜などの材料となる大切な物質ですが、増えすぎると血管壁に垢のようにたまってしまいます。こうして動脈硬化が起こるのです。一方善玉コレステロールの働きとは、悪玉コレステロールを必要な場所へと運搬することですが、数が足りなくなるとその役割を十分に果たすことができなくなります。こうしたことから善玉コレステロールを増やすために、中性脂肪の値を正常値に保つよう注意することが重要になります。中性脂肪の値を下げるのに効果的な成分としては、DHAがやEPAが挙げられます。よって、DHAやEPAを多く含む青魚などを沢山食べたり、あるいはサプリなどで補給したりすることによって中性脂肪値を改善する効果が期待できます。