体重計とメジャー

備蓄エネルギーは生命活動に役立つ|長寿に不可欠な中性脂肪とは

コレステロールとの関係は

女の人

中性脂肪とは脂肪の一種で、いざというときのためにエネルギー源として体内に備蓄されています。しかし中性脂肪が過剰になると善玉コレステロールが減少するので、DHAやEPAなどを摂取して中性脂肪が増えすぎないようにすることが大切です。

もっと読む

体に蓄えるエネルギー

ダイエット

中性脂肪とは食事が大きくかかわっている健康や体形に関する重要なものです。体系がぶよぶよしてきてしまった方や食生活の乱れに自覚がある方は早いうちに改善しておくのが大切です。危険な病気の原因にもなってしまうので、放っておくのは危険です。

もっと読む

必ずしも悪いものではない

お腹

それは備蓄エネルギー

中性脂肪と言うと、あまりいいイメージを持つ人は少ないのではないでしょうか。確かにそれは健康にとって大敵となることが多いものです。中性脂肪の数値が高すぎることは健康によくないことです。しかし必ずしもそれ自体が悪いものであるというわけでもありません。実は中性脂肪とは、人間の身体にとって不可欠なものなのです。人間の身体はエネルギーがなければ動きませんが、中性脂肪はそうした人間の身体を動かすための備蓄エネルギーのようなものなのです。たとえば体調不良や栄養不足に陥ってしまった場合、もし中性脂肪がなかったとしたら、人間の身体はエネルギー不足に陥って、ガソリンの空になった車と同じように動かなくなってしまいます。中性脂肪とは、こうした非常時に備えておくための重要なエネルギー源なのです。備蓄エネルギーは生命活動に役立つので、欠かさないようにしましょう。

何が問題なのか

中性脂肪とはエネルギー源として人間の生命活動には欠かせないものではありますが、一方で現代においては栄養不足などの非常時に陥ることがほとんどないため、基本的には疎ましい存在として認識されていますし、それはある意味で正しい認識でもあります。つまり問題なのは、中性脂肪が必要以上に過剰であるという点なのです。飽食の時代である現代において、スーパーや飲食店などでさまざまな食材や食べ物が売られています。そうした食べ物の中には、脂っこいものやコレステロールの高いものなども含まれており、こうした食べ物を頻繁に口にすることで、中性脂肪が増えすぎてしまうことが問題なのです。そのため、まずは中性脂肪が必要不可欠なことを知り、一定の数値を保ったうえで増えすぎないように注意するということが大切なのです。

余分な脂肪を抑える方法

太った男の人

中性脂肪とは、生命維持で余ったエネルギーが蓄えられ、肉となった物質です。これは、生命維持で必要ですが、増えすぎると様々なリスクがあります。中性脂肪を抑えるためには、DHAを補給する必要があり、魚介類やサプリメントから補えます。

詳しく見る